スタッフブログ

中村建築がお答えする太陽光発電。

2020/06/24(水) 家づくりのこと

 

今日は、中村建築が太陽光発電について

お教えできたらなと思い、記事を書かせていただきました!

 

太陽光発電は本当にいるの?

メリット・デメリットは?と

疑問に思う方がいると思います。

 

太陽光発電のメリットは、

1.売電収入が得られる

2.性能向上により太陽光発電システムが安くなっている

3.光熱費を大幅に削減できる

4.災害や台風による停電時に使用できる

5.経年劣化が緩やかなので耐用年数・寿命が長く故障しづらい

6.設置場所を選ばない

7.補助金制度がある

8.曇りや雨の日でも発電する

9.蓄電器やエコキュートをつければ効率アップ

10.太陽光発電投資を導入している方向けのお得な電気料金がある

11.太陽光発電投資として活用できる

12.FIT制度(固定価格買取制度)で20年間は収入が補償される

13.パネルによる断熱効果が期待できる(住宅用太陽光発電の場合)

14.節電意識が高まる

15.環境問題に貢献できる

 

デメリットは、

1.売電価格が年々下がっている

2.初期費用(太陽光発電システムの設置費用や土地代)が高い

3.発電量は日射量に左右される

4.設置後の日陰の影響で発電量が減る

5.発電量が不安定

6.積雪によって発電量が減る

7.パワコンなどの電気機器の交換がある

8.メンテナンス費用が発生する

9.雨漏りのリスクがある

10.台風や地震・火災などで設備やパネルが破損してしまう可能性

11.悪質な業者に騙される可能性がある

といったメリット・デメリットがあります。

 

 

さらに今は蓄電池というものもあります。

蓄電池とは、充電して電気をためておくことができ、

必要な時に電気機器に電気を供給することができる

一般住宅で使用な二次電池・バッテリーのことです。

蓄電池のメリットは、

1.停電時に電気が使える

2.太陽光発電の電気を自家消費ができる

3.深夜の割安な電力を使うことができる

 

デメリットは、

1.初期投資費用必要になる

2.蓄電池は徐々に劣化する

3.設置ペースが必要になる

 

 

蓄電池と太陽光発電を安く設置する方法

売電収入と電気代節約のために、太陽光発電を始めようと

お考えかもしれません。蓄電池の価格もずいぶんと安くなっていますので

セットで導入するといいかもしれません。

そうすると、設置工事が2回も費用がかかりません。

 

ぜひ、ご参考に太陽光発電を考えてみてはいかがでしょうか?

 

                                                   

 

公式アカウント 友達 募集中♬

 

      

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ