スタッフブログ

新築・注文住宅を建てたとき、観葉植物はおくべき?

2020/08/03(月) 家づくりのこと

家を建てようと考えた際に、様々な家の画像を探されると思います。

「どんな家の間取りがいいかな~」「雰囲気はどれが理想的?」

そんな素敵な想像を膨らませながら探している画像の中に、多くの確率で入ってくるもの。

それは

観葉植物です!!

 

頻繁に出てくるのにあまり注視されずらい観葉植物。

なので、今回は実際に観葉植物を置いたらどのようなメリットなどがあるかを解説していきます。

 

メリット

 ・インテリアとして活用することができる

これが1番大きなメリットになるのではないでしょうか。

1つ置くだけで殺風景なお部屋を明るい雰囲気に変えることができ、生き生きとした緑をお部屋のインテリアとすることができます。

また観葉植物の大きさによって使用用途も変わり、見せたくないコンセントを隠したり、大きいもので存在感を出し高級感のあるフロアを演出することができます。

 

・リラックス効果が期待できる

生き生きとした緑がお部屋にあることで、視覚的・心理的な観点から疲労回復やリラックス効果が期待できます。

 

・湿度調整効果が期待できる

 植物はお部屋の湿度に応じて蒸発量を調整することができるので、一定の湿度を保つことができます。

6畳に対して大きな観葉植物1つ(小型なら5つ)くらいが理想的な個数だと言われています。

 

・観葉植物の成長を感じることができる

 お部屋で一緒に過ごすことになる観葉植物。手をかけて育てていくと、観葉植物の成長が喜びに代わります。

観葉植物は植物の中では比較的育てやすく、失敗のリスクが少ないため初心者の方にもおすすめです。

また、観葉植物の中でも育てやすい種類などもあり、自分好みの観葉植物を配置するのも喜びの1つですね。


 

 観葉植物にも様々な魅力があり、そこに思いが詰まっていくとこの世に1つだけの最高のインテリアになります。

確かに手がかかる面もあるかもしれませんが、それを大きく覆すほどのメリットがあることも事実です。

皆様もぜひ観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ