スタッフブログ

「注文住宅」or「建売住宅」 どっちがいいの?

2020/06/27(土) 家づくりのこと

どうも、中村建築です。

今回は、家を買う際に候補として出てくる「建売住宅」についてお伝えしていきたいと思います!

注文住宅と建売住宅では違いが出てくるので、最大の買い物を最高の買い物にできるように違いを押さえて、後悔のない買い物をしましょう!

 

建売住宅とは、、、

一般的にはすでに建物が建っており、その家の値段+土地の代金がもう確定してある段階で売りに出されているもののことを建売住宅といいます。

また、分譲住宅もほとんどそういったケースが多く分譲住宅の場合は、分譲住宅地に同じような建物がすでに建っており、売りに出される形が一般的です。

(家が完成する前から売りに出されていることもあります。)

 

建売住宅のメリット

①手ごろな価格設定がされている

注文住宅とは違い、すでにパッケージ化されて建てられているので追加工事の発生がなく事前に決まった通りの金額で家を建てるので注文住宅よりはお安くなる場合が多いです。

 

②実際に建ったものを見てから購入するかどうか決めることが出来る

購入前に間取り・外観・内装・立地・街並み・雰囲気などが確認することができ、自分の理想に合った家に住むことが出来ます。

 

③入居時期が明確にできる

注文住宅の場合、自由度が高いので建設中でも希望を出して、よりこだわった家にすることが出来るため、工期が変わってくることがあります。

しかし、建売住宅はすでに建っているため入居時期が事前にはっきりさせることが出来ます。

 

建売住宅のデメリット

①自由度がないため、間取り・仕様の変更ができない

注文住宅と建売住宅の1番の違いはここになります。なので自分のこだわりや理想を強く出したい方は、注文住宅の方が向いていると言えます。

 

②分譲住宅の場合などは同じ外観の建物が周りに多くある

同じ建物を分譲地に建てることにより、コストを下げている関係上どうしても外観が似てしまいます。

なので、個性を出したいと思っている方は建売住宅を購入する場合には追加で費用をかけて、こだわる方が多いです。


 建売住宅はもうすでに建っている状態で購入することになるので、、購入前に自分の希望する条件を満たしているかどうかしっかり考える必要があります。

家を買うということは人生の中でも非常に大きなターニングポイントの1つになります。

なので、絶対に後悔はしてほしくありません。お気軽に中村建築へご相談ください。

私たちが誠心誠意対応させて頂きます!

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ