スタッフブログ

中村建築がお答えする「火災報知器」の重要性

2020/06/10(水) 家づくりのこと

 

みなさん、ご自宅に火災報知器は

設置されていますか?

2006年から消防法で住宅への設置が

義務付けられています。

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、
火災を感知しなくなることがあるため、とても危険です。
取り替えの目安は、10年

 

埋め込みタイプや電池式のもの、

煙タイプのものや熱タイプのもの。

種類がたくさんあります。

 

 

設置した時に記入した「使用年月日」を

確認するとわかります。

 

火災報知器を設置されていない方、

ホームセンターや電気商品の店に売ってあり、

おすすめの警報器は「無線連動型」です。

1つが鳴れば家中に火災を教えてくれるので

火災の早期対応が可能です。

 

ぜひ、火災報知機の確認を

お願いします!

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ