スタッフブログ

注文住宅・新築で2階をリビングにするメリット・デメリット

2020/06/25(木) 家づくりのこと

おはようございます、中村建築です!

今回は「注文住宅・新築で2階をリビングにするメリット・デメリット」についてお話させていただきます。

今までの家というのは1階がリビングというのが当たり前でした。しかし最近では狭い土地を有効に活用するために、2階にリビングを作る方も増えつつあります。

また、2階にリビングを作る際に家や土地との相性もありますのでどんな場合でも対応できるとは限りませんが、一度検討してみてはいかがでしょうか。

それではメリットの方から説明させていただきます。

 

メリット

・日当たりが良くなる

1階にリビングを作った場合よりも2階の方が日当たりはよくなります。隣の家の影響も受けにくくなり、1階よりも太陽の光が入ってくる時間も長くなります。

なので、2階リビングの方が明るいリビングになります。

 

・リビングから見る景色が良くなる

これは2階リビングの大きな特徴とも言えます。1階のリビングでは外の景色は隣の家や通行人に限られがちですが、2階リビングの場合は空も見えますので1階リビングより景色は良くなります。

また、カーテンや窓を開ける時にはプライバシーを気にすることも少なくなりますのでそこも2階ならではです。

 

・リビングの天井を高くしやすい

屋根の勾配をうまく利用することによって開放的なリビングを作ることが出来ます。

また、天井を高くすることでロフトも作ることができ、デッドスペースもうまく活用することが出来ます。

 

デメリット

・夏場は暑くなりやすい

構造上、屋根が近いため室温は高くなりやすいです。なので、屋根断熱や壁断熱などの対策をしっかりと取らなくてはいけません。

それにより建築費用も掛かってきますので、希望の予算感と合うか見極めましょう。

 

・子供の帰宅が分かりづらい

2階にリビングを作る場合、どうしても1階部分がそれぞれの個室になってしまいます。

なので、玄関からそのまま個室に入られてしまうとコミュニケーションを取りにくくなってしまいます。

子育てを考えている方は、どういった方法でコミュニケーションを取るかしっかり考えて間取りを決めなくてはいけません。

 

・年をとってきたら階段の上がり下がりがきつい

人間は誰しも年をとります。そのうえで2階に生活空間があると必ず階段を上り下りしなければなりません。また車イスでの生活を考えると

階段は無理ですので、将来的な事を考えるとホームエレベーターを設置できる間取りにしておくなどの対策をとっておくと良いでしょう。


 

 2階リビングならではのメリット・デメリットが存在するため、やはり大切になってくるのは実際の生活をイメージすることです。

家は一生の宝物なので理想をカタチにしていきましょう!

 

なにかご質問・ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡ください!

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ