スタッフブログ

キッチンをリフォームするうえでの注意点を中村建築がお答えします

2020/06/09(火) 家づくりのこと

どうも、中村建築です。

今回はリフォームの中でも「キッチンのリフォーム」を重点的に解説していきたいと思います。

キッチンというのは家での生活の中では外せないスペースですので、ポイントをしっかりと押さえて

理想のキッチンへとリフォームしましょう!

それではさっそく参りましょう。

 

①L字キッチンや対面キッチンにすると、狭くなってしまった

これはけっこう多い事例です。L字キッチンや対面キッチンは非常にスマートに見えますよね。

しかしL字キッチンは実はデッドスペースが発生しやすいキッチンでもあります。なので逆に調理スペースが減る場合がございます。

対面キッチンは壁付けオープンタイプのキッチンスペースに入れようとすると

どうしても面積上無理な配置になってしまう場合もございますので、使いにくくなる可能性があります。

 

なので重要になってくるのは実際の暮らしをイメージすることです。

調理スペース・通路幅・料理中はどう動くか・家電はどこに置くのか・コンセントはどこにするか

などをしっかりとイメージすることでL字キッチンや対面キッチンを上手に活用できます。

 

②家電の買い替えやごみ箱の位置を計算に入れてなかった

リフォームし終えたのちに、「ごみ箱のスペースがなく、新しいものを買った」や

「家電を買い替える時に希望のサイズの家電が入らない」ということもございます。

家電の買い替えなどはリフォーム後、すぐには問題にならないので後々出てくることが多いです。

 

なので、リフォーム前に家具家電のサイズや配置はしっかり決めておくことが理想です。

それに加え家電のサイズ変更に対応できるよう、すこし余裕が取れるのであればとってもいいかもしれません。

 

③食洗器や床下収納を使わなくなった

便利だと思って付けた機能が、今ではほとんど使ってない、、、ということがあります。

特に少人数でお住まいになられている方は、食器を手洗いで済ませる方が多いですし

床下収納なども「もう長らく開けてない」ということも結構あります。

 

キッチンをリフォームするうえで重要になってくるのは「実際にその機能を使うのか」という点です。

食洗器などは設置だけではなく修理やメンテナンスなどが必要で、費用が設置後もかかります。

しかし使わない機器を減らすことで予算もお安く済ませることもできるので、設置機器はどれを置くのか

しっかり吟味した方がいいです。

 

④キッチンの床もリフォームする際に「掃除」を考えてなかった

キッチンのリフォームに伴って床も張り替える方が多いです。新しいキッチンになるでの統一感のあるおしゃれな

床にしたくなるのは必然といっても過言ではないかもしれませんね!

実際、統一感がないとそこの一か所だけが浮いて見えてしまうので、おしゃれなキッチンで料理したい方は張り替えた方が

モチベーションアップにつながると思います。

 

しかし、掃除のしやすさも忘れてはいけません。キッチンは油が飛んだり、いろいろなものをこぼしてしまいます。

素材によっては素材の変化や滑りやすくなる素材もありますので、お手入れのことは視野に入れて考えた方がいいです。

 

 

これがキッチンをリフォームするうえでの注意点です。今回はあくまで一般的なものだけだったので実際に行う際は

各家庭に沿った注意点が出てくると思います。

 中村建築ではお客様のご希望に沿ったプラン・ご予算を提案することをモットーに掲げておりますので

 お気軽にご相談ください!

 

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ